ちいさなひかり

旅立ったあの子のために、心に小さな光を灯し続けよう。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

カキカキ、ぽりぽり  

1月末に、チャタ、な~んか体を掻いているなぁと思っていたら、
掻き掻きが酷くなり、見て見ると
胸~両脇が真っ赤っか!

慌てて病院へ。
乾燥が酷くなってて、きっちり保湿が必要になりました~。
シャンプーもコンディショナーも保湿が高いものが必要。
フードにも様子を見ながらオリーブオイルとかを入れることに。

体重、6.4kgになってまちた・・・。
「しぇんしぇー、やっぱりダイエットですよね・・・。」
とおそるおそる聞いたところ
「茶太郎君、足長いし、この骨格だと6.5でもいいよ~。
 夏は6kgで冬は6.5kg。そこら辺の間ならだいじょうぶ~。」
といわれまちたよ。
チッ・・・ダイエットが必要なのはワタシだけか・・・。

ボク、細マッチョだも~ん。おねぇちゃんはでぶでぶデブリン~。
チャタ


先生からは
「ステロイドは使わないで抗生剤でいきましょう。」とのこと。
なにやら人間の子供用の気管支のお薬が効果があるらしく飲み薬がでました。

が・・・2日後位に夜に仕事から帰ったら
ゲーゲーとチャタが吐き続けていてビックリ。
しばらくすると吐くのは落ち着いてきたので、とりあえず薬はやめ
翌日に病院に電話。

「子供の気管支の薬なので、もしかしたら茶太郎君、気管支に問題ないかなぁ?
 もう一度飲ませてみてやはり出るようならお薬かえましょう。」

チャタの気管支と心臓は以前から気になっていて、
前にレントゲンを撮ったときは異常なしだったけど
散歩のときとかすぐゼイゼイすることも多いし・・・。
プードルだし・・・。

チャタ


前の子、ビリーもすぐゼイゼイと息が切れる子で、
晩年は僧坊弁閉鎖不全症になりましたが
病院から言われたのは先天的なものもあったかもと言われました。
プードルが入っていたしなぁ。

薬を再度飲ませたら大丈夫なのでまずホッ。
投薬は終わりましたがまだ時々掻いてマス。
スポンサーサイト

category: ワンコ

thread: トイ・プードル - janre: ペット

tb: --   cm: --


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。