ちいさなひかり

旅立ったあの子のために、心に小さな光を灯し続けよう。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「ひかり」をくれた子  

動けなくなる。
本当に心身ともにそんな状態になってしまった時がありました。
ここ2年間、FIVやFelvの子の預かり、見送るという日々の連続でした。
「もう何もできない」
そんな状態で2ヶ月位が過ぎていました。
そんなある日、同じ思いで活動している友人から
「プールがゴハンを食べない。数日でいいので見てくれないか」
との話しがありました。
その時何故か「いいよ」と答えていました。
病院で治療をしても何故か食べないとのこと。
プールはFIVでお腹に腫瘍をかかえています。
とりあえず病院で注射をしてもらい、帰ってから「必殺フードころころ大作戦」。
走り回るのが好きなので、ドライフードを転がし遊びをきっかけにしてみることに。
なんなくひっかかり口にフードをパクリ。
それから順調に食べるようになり、保護施設に戻りました。
ひかりをくれた子

今プールはお腹に腫瘍の他に、顔にも腫瘍ができてしまいました。
治療を続けながらもゴハンを食べてくれています。

プール、あなたが動き出す「ひかり」をくれました。

スポンサーサイト

category: 一時預かり

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。