ちいさなひかり

旅立ったあの子のために、心に小さな光を灯し続けよう。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ひかり  

プールが虹の橋へと旅立った。
最後まで病気と闘い強い子のまま逝ってしまった。
お腹と顔に腫瘍をかかえ、きっと痛みもあったに違いないのに会いに行くと喉を鳴らしてくれた。

痛い治療に我慢強く耐えた子。
顔の腫瘍が鼻を圧迫し呼吸するのがやっとの状態になって、「見送る決断」をしようと話し合った矢先、プールは自分で旅立っていきました。

病気の子を見守るたびに「苦しみはないか。痛みはないか。苦しみを長引かせることになってはいないか。」
毎回葛藤の中に立つ。

どの子も大きなひかりをもって産まれてくる。
病気のない子も病気のある子も。
旅立つ時には、私たちに大きな悲しみと多くの宝物と、小さな希望のひかりを残してくれる。

プール、あなたが残してくれた「ひかり」は今も足元を照らしているよ。

プール2


スポンサーサイト

category: 天国へ旅立った子

thread: 猫と暮らす - janre: ペット

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。